【無料】 借金を減らす手続可能な相談所や法律事務所を比較


街角法律相談所無料シュミレーター

過払い金請求全対可

過払い金を請求する際には、自分で請求するか、それとも代理人が手続きを代行し請求するかいずれかの場合になります。

 

しかし、自分で請求する場合は、手続きに時間をかけたり、書類作成、債権者との交渉、場合によっては裁判になれば出廷して争う事もありますので、結構大変な事が多いのです。そのため、多くの方が多少の費用を払ってでも、過払い金返還の請求を代理人にお願いするケースが多くなっています。

 

 

その際、弁護士にするのか、司法書士にするのか、どこの事務所に相談すれば良いのか??と判断が分かれるかと思うのですが、結論としては「実績と経験値に長けた信用できる事務所に相談する事」が、一番良い方法と言えます。

 

 

たとえば、実績や経験値という点では、「相談件数」、「請求手続き件数」、「過払い金返還額」などが挙げられるでしょうし、信頼という点では「スタッフや代理人となる方の応対やコミュニケーション力」などを挙げる事ができるでしょう。

 

 

また、もう一つ気を付けたいのが、簡易訴訟代理権についてです。弁護士には代理人となるのに制限はないのですが、司法書士は「簡易裁判所で扱う事件のみ代理人となる事ができる」となっており、金額にすると140万円以下の案件でなければ、裁判となった場合に代理人として業務にあたる事が出来ないとされています。

 

よって、過払い金請求額が140万円を超える場合には、弁護士へ相談する事で、将来的に訴訟となった場合でもそのまま代理人として業務に当たってくれますので、安心して最後まで任せる事ができますが、志保書士の場合は、あなた自身が出廷するなど面倒事が発生しますので注意が必要です。

 

 

上記の通り、過払い金請求を行うにあたり、「誰に相談するのか」は大事なポイントです。実際代理人が違うだけで返還額に大きな相違が出たというケースもあるくらいで、安易な判断で損をしないように、当サイトでは、過払い金請求を得意とする事務所や事務所探しにオススメのサイトをまとめてランキングにしています。

 

また、当サイト内トップページでも紹介している、代理人探しのポイントをまとめましたので、一緒に参考になれば幸いです。

過払い金取り戻し 家族にひみつ

借金を家族にひみつで借りている方もいらっしゃると思います。

 

理由にもよりますが、ギャンブル、ショッピング、異性関係など理由は様々です。しかし、返済もしんどくなってくると、誰かに相談したいでしょうし、相談しなければ破綻してしまう可能性もあります。

 

 

その際、借金問題を相談するなら、借金問題に強い弁護士や司法書士事務所へ依頼する事が望ましいです。しかし一方で、家族にも秘密にしている事なのに誰にもバレずに手続きなんてできるのか?という不安もあるかもしれませんが、その点はご安心下さい。

 

 

実は代理人はクライアントの守秘義務があります

代理人はクライアントの情報を外部に漏らさないようにする事が求められています。これは代理人自体の信用にもなりますし、何よりクライアントの安全を守るため、個人情報を守るためです。

 

これは、家族にひみつの場合にも対応してくれますし、もちろん会社や友人にもバレないように配慮して手続きを進めますので安心して下さい。具体的な対策としては、連絡はあなたの携帯電話だけ、書類などは郵送せず直接事務所にとりに来てもらうようにするなどです。

 

 

せっかく払いすぎた利息が戻ってくるかもしれないという時に、家族に秘密にしたいからといって、そのまま借金を払い続けたり、完済している方であれば泣き寝入りするのは勿体ないです。上記の通り、あなたの秘密は守られますし、トラブル回避もできますので、手続きを進めるためにもまずは無料相談から始めていきましょう。