【無料】 借金を減らす手続可能な相談所や法律事務所を比較


街角法律相談所無料シュミレーター

過払い金請求 リスク

過払い金請求についてリスクやデメリットは考えられるのでしょうか?

 

その点を知らないと、さすがに過払い金請求が有利だったり、メリットのある債務整理の手段と言っても、なかなか一歩踏み出すことができないかと思います。

 

 

そこで、当サイトでは過払い金請求にあたり、リスクはあるのか?デメリットはあるのか?そして、それらを踏まえた上で、無料相談をどう活かせば良いのか??について、順を追ってまとめてみましたので、あなたのお役に立てれば幸いです。

 

 

先に結論を申し上げておくと、過払い金請求にあたり思い当たるリスクは「ほぼ無し」と言って良いかと思います。
(詳細は、後ほど詳しく書きますのでご覧下さい。)

 

ぜひ、安心して返還請求の準備を整えて頂ければと思います。

過払い金請求 リスク ブラックリスト

続いて、過払い金請求にあたり、ブラックリストに入る事はあるのでしょうか??

 

そして、そもそもブラックリストとは何??存在するのでしょうか???という点をまとめてみました。

 

 

まず、ブラックリストには、2つの意味があると思われます。

 

1つ目は、「信用情報」における異動情報(=ブラック情報)についてです。

信用情報は、キャッシングなどの借入情報の利用状況を交流している機関が有している情報で、債務者がどれくらい借入しているのか、返済が進んでいるのか、特別に掲載する必要がある情報があるのかなどが一目でわかるようになっています。

 

その中で、特別に掲載する必要がある情報の1つに「異動情報」と呼ばれる情報があり、一般的にはブラック情報と表現される事もあります。この異動情報には、債務整理関連の情報が掲載されますが、過払い金請求を行った際にも、一旦は登録されます。

 

しかし、過払い金請求が完了し、すべての手続が完了すると、各債権者の報告は、異動情報は削除されて、正常報告となります。

 

 

2つ目は、「各債権者ごとの顧客名簿」についてです。

これは、各債権者の情報なので、交流されている情報ではないですが、過去にどんな取引をしてきたのかをまとめたリストです。

 

ここには、過去に過払い金請求をした事などは、情報として残りますので、それをブラックリストと呼ぶとすれば、そうなるかも知れませんね。

過払い金請求 リスク 無料相談

最後になりますが、上記の通りほとんどリスクはなく、それでいて借金整理ができる過払い金請求。

 

この返還手続きを行うには、個人請求の場合は、手続きの全てを自分で行うために、時間をかけたり、体力を消費する事になり、勿体ない気がします。

 

そこで、大体の方が取る方法が、「代理人による手続き」です。

 

代理人になりえるのが、弁護士や司法書士といった法的知識を有した専門家なのですが、全国には数多くの事務所がありますので、法律(法務)事務所を選ぶのも一苦労です。

 

また、法律(法務)事務所選びが、あなたの過払い金を金額を左右する事もありますので、非常に重要なキーを握っている事も否めませんので、当サイトでは、トップページで、法律(法務)事務所選びのポイントとオススメ事務所をランキングでまとめていますので、フル活用して下さいね。

 

以上、過払い金請求についてのリスクなどのまとめでした。

 

 

 

過払い金請求 リスク トップへ戻る