【無料】 借金を減らす手続可能な相談所や法律事務所を比較


街角法律相談所無料シュミレーター

お金がない ご祝儀

お金が足りない、お金がない時に限って、冠婚葬祭などが多く起きる事があります。

 

そんな時は、苦しい家計事情の中でも、支払いしなければならない事もあるのですが、そうやって「ご祝儀貧乏」となり、借金をしたり、自分を苦しめないように気をつけないといけません。

 

ここでは、お金が無い時のご祝儀についてまとめてみました。

 

 

お金がない状態なのに急なご祝儀の出費

毎月毎月、以前借りたカードローンの返済や、奨学金の返済などで、給料が入っても、すぐ借金の返済で飛んでいき、「お金がない」が口癖になっています。

 

親にも借りていて、少しずつ返しているため、給料から借金を引いて残ったお金は、食費や、光熱費、電話代といった生活費にギリギリ足りるかどうか・・・というところです。

 

場合によっては、赤字ということもあります・・・

 

昼食代はお弁当で、外食は一切できませんが、食費を極限まで切り詰めても、電気代や、電話代は節約してもなかなか下がらないままです。

 

 

時には、払えずに止まってしまうことも、悲しいですが、しょっちゅうあります。

 

そんなお金がない生活なのに、先月、親しかった高校の同級生から久しぶりに連絡があり、うれしくなって会うことにしました。

 

話を聞けば、結婚をすることが決まって、「急だけど結婚式をすることになった。是非出席してほしい」ということで、招待状を受け取りました。

 

 

結婚式なんて出たことがないし、親しかった友人の頼みなので、ついOKしてしまいましたが、ご祝儀が払える余裕がないことに、後で気が付いて、真っ青になってしまいました。

 

知らなかったのですが、ご祝儀の相場って3万円前後なんですね。

 

とてもそんな払えるほどお金がないし、でも結婚式はもうすぐだし・・・そんな困ったときに知ったのが、借金の無料相談です。

 

相談に丁寧にもらって、金利の安いカードローンを紹介してもらい、そこで借り入れをして、ご祝儀代をまかなうことにしました。

 

 

そして、今まで払ってきたカードローンは、金利が高いということで、同じ金利の安いカードローンに借り換えをすることにしました。

 

金利が安くなった分、生活がずいぶん楽になりましたが、きちんと返済を続けられるように、油断はしないようにしたいと思います。

 

 

一緒に読まれている記事はこちら