【無料】 借金を減らす手続可能な相談所や法律事務所を比較


街角法律相談所無料シュミレーター

延滞 登録期間

 

延滞での個人信用情報機関への登録期間はどれくらいなの??

 

消費者金融やクレジットカードなどの借金返済が出来ない分を放置しておき、期日を超過すると、延滞利息がかかってくる不利益だけでなく、信用情報に異動情報が報告される事があります。

 

一般的には、3ヶ月程度の延滞が続くと、「長期延滞」とみなされますし、6ヶ月以上を経過すると、回収不能という事で、「貸倒れ」と見なされるケースもあります。

 

 

ここでは、借金延滞、そして信用情報に移動情報を報告された方の体験談を紹介しますので、参考にして頂ければと思います。

 

消費者金融の借入で延滞を起こして個人信用情報機関に登録されてしまいました。

 

いわゆるブラックリストというのですか、それに名前が記載されてしまったのです。

 

したがって、今ではクレジットと名なのつくものは一切利用できなくなりました。

 

それに新たにクレジットカードを作ることもできないのです。

 

 

でも、今の社会ではクレジットは日常生活には欠かせなくなっています。

 

買物でも、サービスの利用でも、これまではごく当たり前のようにこれを利用していました。

 

 

それだけではありません。今はインターネット全盛社会で、ネットショッピングは欠かせないものになっています。

 

このネットショッピングは、クレジットカード決済が多いのです。

 

 

中にはこの決済方法でしか受け付けてくれない場合もあるのです。

 

それだけに、クレジットカードが使えなくなると不便なこと、この上ありません。

 

 

でも仕方ありません。こうなったのも消費者金融の支払を3ヶ月以上延滞したからです。

 

延滞も最初の頃は1週間か10日程度でしたから、延滞遅延利息を支払うだけで済みました。

 

 

でも、その後に、延滞が常習的になってしまい、気がついてみると3ヶ月以上たっていたのです。

 

こうなると、もう延滞利息だけではすみません。

 

 

ついに個人瀋陽情報機関に通告され、その結果ブラックリストに載せられてしまったのです。

 

でも、延滞が理由での個人信用情報機関の登録期間はどれくらいなのでしょうか。

 

聞くところによると、借入先によって異なり、銀行だと10年ぐらいは記録が消えないそうです。

 

 

消費者金融の場合だと、5年〜7年ぐらいで登録期間は終わると言われています。

 

例え、最短の5年としても、この期間はすべての支払に対して現金で臨まなければならないのですが、身から出たサビとは言え、これはとても辛いことです。