【無料】 借金を減らす手続可能な相談所や法律事務所を比較


街角法律相談所無料シュミレーター

延滞 キャッシング

キャッシングを延滞してしまうと、何か不都合な事があるのでしょうか?

 

また、延滞と言っても、程度がありますので、どのくらいの延滞だと影響が出たり、不都合が出たりするのか??についてまとめていきたいと思います。

 

また、実際の体験談を通して、考えてみたいと思いますので、まずは体験談から紹介させて頂きます。

 

 

キャッシングを利用している方は、毎月きちんと返済を行っていることと思いますが、うっかり忘れてしまったり、お金がなく返済できなかったりすることもあるかもしれません。

 

その場合は、延滞ということになります。

 

 

たとえお金はあるのにうっかり忘れてしまう、いわゆるうっかり延滞であったとしても、その日数は「遅延損害金」が発生します。

 

また、それ以外にも延滞してしまうと、金融機関が審査に利用する「個人信用情報」というものに、「延滞している」という情報が残ってしまいますので、今後ほかのローンを組もうと考えた時に、過去の延滞歴がわかってしまい、審査に響いたり、ひどい場合には審査落ちということになってしまう事もあります。

 

 

他に個人信用情報に情報が掲載されなかったとしても、融資を受けている金融機関の履歴には必ず残っていますので、今後同じ金融機関にローンを申し込んでも、厳しい審査が待っている可能性があります。

 

 

万が一、延滞してしまった場合には、きちんと借りている会社に連絡をし、事情を話すことが大事です。

 

「いつまでに入金できます」、「うっかりしていたので翌日には入金できます」など、期日を伝えることで、金融機関からの信用の低下をある程度防ぐ事ができるかも知れません。

 

 

キャッシングは、非常に便利なシステムで、その利用によって生活費が足りないような危機も乗り切ることができます。

 

また、非常に借りやすいシステムになっていますので、つい借りすぎてしまうという事もあるかもしれません。

 

 

しかし、そのキャッシングの利便性ばかり考えて、実際の返済のことをきちんと考えることができていないと、結局はあとから痛い目を見ますので、きちんと返済計画を立てた上で、キャッシングを利用しましょう。

 

 

信用情報機関に延滞情報が載る基準は??

この方も体験談で言っている通り、キャッシングを長期延滞した場合、信用情報で「異動情報」と呼ばれるブラックリストに載る可能性があります。

 

このブラックリストですが、延滞情報のほか、債務整理(自己破産、民事再生、特定調停など)の情報も含まれています。

 

 

では、延滞の際にどの程度のものでブラックリスト入りするのか??という基準についてですが、「3ヶ月以上の延滞」となっています。

 

また、異動情報が報告されると、信用情報機関の方では、「発生日から5年を超えない期間」となっています。

 

 

もし、確認を取りたい場合は、該当の情報機関に開示請求をする事で、登録情報の確認ができますので、気になる場合は、相談してみるのが良いかと思います。