【無料】 借金を減らす手続可能な相談所や法律事務所を比較


街角法律相談所無料シュミレーター

延滞 催促 電話

借金するまでは、貸金業者はとても親身になってくれて優しいものですが、延滞がちになったりもしくは借金の返済自体ができなくなってしまうと、態度を急変する事があります。

 

「そんな事は言っても、テレビのように無茶な事をする事は無いだろう」・・・

 

そんな気持ちもあって当然かと思いますが、実際のところはどうなんだろう??という事を、まずはここで体験談を通して紹介したいと思います。

 

 

返済の延滞には催促の電話が

以前、どうにもお金の工面が難しくなったときに、街の消費者金融からお金を借りたことがありました。

 

大手で誰もが知っている会社ですが、審査も緩く、なんと即日審査が完了し、スムーズに融資をしてもらえたので、とても嬉しかったことを覚えています。

 

返せる範囲で融資を受け、その分はすぐに完済できましたが、それからまた半年後、まとまったお金が必要になったため、また同じ消費者金融から借り入れをしました。

 

 

そして、うっかり返済を忘れてしまっていたのです。

返済の振り込み日は、給料日と同じ日だったので、忘れるわけがないのですが、ちょうど職場を変わったばかりで、それと同時に給料日も変わったため、忘れてしまったのです。

 

よく、ドラマなどで、借金取りが頻繁に催促の電話をしているシーンがありますよね。

 

 

会社にも押し掛けてくることがあるみたいで、そういったイメージが固まっていた私は非常に怯えましたが、実際はドラマほどひどくはなく、コールセンターのお姉さんがやさしく催促の電話をしてくれただけでした。

 

それでも、延滞については注意をされましたが、「どんな恐ろしい目に遭うのか・・・」と心配していた、私にとっては、嬉しい誤算でしたね。

 

 

これから借り入れを検討している方も、多いのではないかと思いますが、延滞することのないように、あくまでも返済できる範囲内で借り入れするようにしたいものです。

 

たとえドラマのような過激な催促がなくても、精神的にビクビクしながら過ごすのは、精神的にもよくありません。

 

 

あれからは借り入れはしていませんが、もし困ったときは利用するつもりですが、返せる範囲内で、賢く利用していきたいですね。

 

みなさんも気をつけながら、安心に利用しましょう。

 

 

きちんと対応すれば怖いものでは無い

大手の消費者金融の中には、一部上場企業として成長している会社、従業員1,000名以上の大会社もあり、今では社会的な認知度も高まっています。

 

その上、きちんと法律遵守を求めるように、コンプライアンスの徹底もされていたり、貸金業法に代表されるように、法整備も進んでいます。

 

 

そのため、借金相談に関しても、きちんと対応してくれる会社も増えてきているのは事実ですから、以前のような怖い会社というイメージではなくなってきています。

 

それでも、中には横柄な態度をする担当者、会社というのもあるのも否めませんが、大体は上記の通り「きちんと対応すれば、相談に乗る」というのは基本姿勢だと言えます。

 

 

一番問題なのは、借金した事を誰にも相談せずに、一人で悩んでしまう事です。

 

消費者金融でも、きちんと向きあえば、相談に乗ってくれますし、もしそこで折り合いが付かないという事があっても、弁護士や司法書士へ相談する事で、一気に問題解決できる事もあります。

 

大事な事は、繰り返しになりますが、「一人で悩まない事」ですので、その点は忘れないで下さいね。