【無料】 借金を減らす手続可能な相談所や法律事務所を比較


街角法律相談所無料シュミレーター

リボ払い 住宅ローン 影響

今回は、リボ払いの住宅ローンへの影響についてと、もし住宅ローンに影響が出そうなほど借金やリボ払いが大変になっている時はどうすれば良いのか??について体験談と合わせて紹介したいと思います。

 

 

住宅ローンの申し込みを行うと、その申し込みを本当にその通りに出せるのかについて、必ず審査が入ります。

 

そして、そこでは申込人の年収や勤務先、勤続年数などといった事項について確認し、返済能力がきちんと備わっているかどうかについて確認を行うわけなのです。

 

 

しかし、それ以外にも住宅ローンの審査において、重要な項目があります。

 

それは、競合債務の有無です。競合債務とは、住宅ローンを返済している中で、他にも返済していかなければならないローンがあるとその返済余力が減ってしまうために、マイナス事項の審査項目として見られます。

 

そして、もし競合債務があると、事前に完済することというような条件が付いたり、または優遇措置が少なくなってしまうこともあるでしょう。

 

 

もし、リボ払いを返済中の方であれば、そのリボ払いが審査に与える影響というものはけして少なくありません。

 

リボ払いは、ローンと同じく競合債務として見られますので、審査上大きく響いてくる可能性があります。

 

ですから、その影響を少しでも少なくするためにも、あらかじめリボ払いの分はすべて完済しておいて、なにも競合債務がない状態にしてから住宅ローンの申し込みを行うとよいでしょう。

 

 

住宅ローンの金利優遇などは、元本が大きいためにコンマ数パーセントの差が返済総額に大きな影響を及ぼします。

 

ですから、できる限りマイナス項目に数えられてしまう事項については解消しておいて、少しでも有利な条件でローンの審査を通過できるようにしておくと良いでしょう。

 

リボ払いは便利なシステムですが、時と場合によってうまく使い分けることによって、より一層便利でお得なシステムとして有効活用することができるのです。

 

 

 

もし、リボ払いが大変だったり、借金が多いために返済が出来なくなってきている場合ですが、債務整理をするという手段も必要な事があります。

 

 

例えば、以下のような場合ですが、顕著にレッドカード傾向が出ていますので要注意です。

 

  • 毎月の返済額が、月収手取りの半分以上を占める場合
  • 失業や休業などで、当面の収入が見込めない場合

一番は、「なんか最近借金の返済がきついなぁ」って、感じるようになった時です。

 

そんな時は、イエローサインもしくは、もっと危険な立場にある場合もありますので、無理をするよりも返済以外の方法も考えておくようにしましょう。