【無料】 借金を減らす手続可能な相談所や法律事務所を比較


街角法律相談所無料シュミレーター

リボ払い 本人死亡

リボ払いで本人死亡のときはどうなるんだろう??ふと気になったので、調べてみました。

 

リボ払い利用中に本人死亡。そんなときどうする?

クレジットカードのリボ払いは、毎月決まった金額を返済すれば良いので使い勝手が良く、多くの人が利用しています。

 

ですが、完済までの時間が非常に長くなりがちなのもこの返済方法の特徴で、中にはリボ払いで返済をしている途中で本人死亡という事例もあります。

 

この場合、どうすればよいのでしょうか?

まず、本人が死亡したことでその財産を引き継ぐ相続人が誰になるかを確認しましょう。

 

相続というのは、財産だけでなく借金も引き継ぐことになりますので、リボの残りがあればその人に請求が行きます。

 

財産もある人が多少の借金を抱えていた場合には、借金の返済をして残りの遺産を受け取るというのも良いでしょう。

 

しかし、借金しかない場合には、相続してもメリットがありませんので相続放棄をするのがおすすめです。

 

 

相続放棄に期間の定めはありますか??

相続放棄は、相続の開始を知ってから3ヶ月以内に裁判所に申立てをしなければなりません。

 

そのため、自己判断するのでなく、費用はかかるかも知れないですが、早めに裁判所や弁護士、司法書士といった専門家のところに行くことをオススメしたいと思います。

 

 

ちなみに、リボ払いは毎月預金口座からの引き落としになっていますので、相続する場合には、早めに債権者に連絡を取らなければどんどん利息がかかってしまいます。

 

業者と話し合いをして、遺産を使って一括で返済をしたほうが支払額が少なくなりますのでおすすめです。

 

 

私の場合、返済が残っていたのを知らずに相続して、預金もそのまま放置していたので気がついたらかなりの返済が行われており、預金がほとんどなくなっていました。

 

多少費用がかかっても、早めに専門家のところに行って相談すればよかったですし、リボ払いは気軽に利用している人が多いので、気をつけましょう。