【無料】 借金を減らす手続可能な相談所や法律事務所を比較


街角法律相談所無料シュミレーター

リボ払い やめたほうがいい

クレジットカードが便利な理由の一つに、「リボ払い」というとても便利なシステムが有ります。

 

しかし、一方で使いすぎてしまったり、きちんと管理をしてない時に、請求額を見て驚いてしまうというケースもありますし、一括請求からの切り替えでリボ払い地獄を見てしまう・・・というケースもあります。

 

様々ですが、すべて言える事は「きちんと自分自身で管理してない時」に起きているという点です。

 

 

ここでは、リボ払いについて大変な体験をされた方の体験談をまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

 

 

リボ払いをするのは、絶対に、やめたほうがいいです。

 

リボ払いというシステムは、一見すると非常にお得に見えるようになっています。

 

キャッシュ&フローの考え方からみてみても、手元に現金を残しておいて、支払いを先に延ばすことで、手持ちの資金を有効に利用することが出来るというメリットがあるのは、間違いない点ではあります。

 

 

しかしながら、企業やトレーダーなどの高額な資金を回転させているような人でない限り、支払い期限までの短い時間で、手持ち資金を効率的に増やすというのは、極めて難しいと言わざるを得ません。

 

リボ払いのデメリットとして、大きな点としては、極めて利率が高いということです。

多くのカード会社のリボ払いは法定利率の上限近くに設定されていることが多いです。

 

しかし、利用者が実際にカード会社に支払うのは定められた一か月の定額のみです。利子がすくなければ、借金の原本を減らしてくれますが、もし利子の額が、一か月の返済額を上回ってしまったとしたら、どうなってしまうでしょうか?

 

恐ろしいことに、「借金の元本ががどんどん増えていってしまい、払っても払っても借金が減らない」という事態に陥ってしまうことが考えられるのです。

 

 

さらに恐ろしいのは、この借金の原本が増えていっているという実感が、湧きづらいという点ではないでしょうか。

 

毎月何万円か返済しているはずなので、今いくら借りているのか気にすることなく、リボ払いを続けた結果、ある日カードの利用限度額いっぱいまで、借金が膨らんでしまったということが、珍しくないのがリボ払いの特徴といえます。

 

 

もちろんリボ払いのすべてを否定する気はありませんが、一括払いが難しいのであれば、きちんと毎月の返済できる額を計算して、複数回払いにすることをお勧めします。

 

とにかく、リボ払いはやめたほうがいい、と強く言いたいと思います。

 

 

 

今回はクレジットカードを中心にしたリボ払いについての体験談ですが、同じくしてキャッシングも借りすぎると返済が大変・・・では済まない事も多いです。

 

気づけば借金地獄となり、首が回らないという事になりかねませんので、無理な借金を繰り返すのは得策だとは言えません。

 

何事も利用は計画的に、という事を忘れずにしたいものですね。