【無料】 借金を減らす手続可能な相談所や法律事務所を比較


街角法律相談所無料シュミレーター

借金 取り立て

借金をするのは簡単ですが、あとで返済ができるかどうかは、また別の話です。

 

また、人によっては借金が返せなくなる事情が色々とありますので、ここでは借金の取り立てに悩んでいる時にどうすれば良いか??について、体験談を通してまとめていきたいと思います。

 

 

無い袖振れぬ、借金の取り立てに苦しむ男の話

返せないのに、容赦なく取り立てを繰り返す愚かな金融会社と戦う男の話です。

 

私がお金を借りた原因は失業でした。会社でいじめに遭い、精神的に参ってしまう前の苦渋の決断です。

 

ですが、私は既に40歳を超えており、もし退職しようものなら再就職など容易ではありませんでしたので、そこで、消費者金融には悪いのですが、退職前に審査を受けて、融資枠を拡大しておいたのです。

 

 

その後、期日が到来した為、私は自己都合退職しました。

最初のうちは、失業給付やら退職金やらで生活できていたのですが、それも限界が訪れて、お金が不足しがちになります。

 

住んでいたアパートの管理業者が、家賃支払いの取り立ても来ましたし、滞納を続けると裁判を起こすと脅してきます。

 

そのためやむを得ず、私は消費者金融から借金をする事にして、上限一杯まで借入をして、滞納中だった家賃やインフラやライフラインにかかる費用を全て支払いました。

 

 

ですが、今度は借金の取り立てのコールがかかってきます。

現在の貸金業法では、脅迫めいた取り立て行為や夜間の催告は禁止されていますが、法律さえ守っていれば良いとばかりに、実際の貸金業者は、とにかくしつこい取り立て(督促)をしてきます。

 

消費者金融からの着信履歴を目にしない日はありませんし、用件が借金の請求である事は言うまでもありません。

 

 

そのように滞納生活を続けていると、ついに業者が直接自宅に訪れる事もあり、特別怖い印象などは受けませんが、迷惑そうな雰囲気は無言の空気で伝わってきます。

 

そして用件は「返済のご予定はありませんか?いつごろ返済できそうですか?」と、当たり前に並べられた口調ですが、最終的には、「今とりあえず返せるお金はないんですか?全額でなくても構いませんよ」と、まくし立てられる事もありました。

 

 

私は「無いものは無いから返せない」と宣言して、帰っていただきましたが、今度は返済をしなければ裁判を起こすという通知書が届きました。

 

どうする事もできず放置しているのですが、業者も訴訟を起こす気配はありませんので、今の状況はまさに生殺しといった感じです。

 

 

債務は利息も重なり、既に返済不可能になっていますので、このまま放置するしか無いのか??と思っていますが、市役所の消費相談センターへ無料相談するとか、弁護士、司法書士へ相談するのが一般的という事も聞いた事があるので・・・

 

いずれかに相談した上で、今後の方向性を考えるのも一つなのかな??と思っています。