【無料】 借金を減らす手続可能な相談所や法律事務所を比較


街角法律相談所無料シュミレーター

過払い金請求 計算 無料ソフトはコスパが悪い?

過払い金返還請求と聞くと、インターネット上でアドバイスしているのを見ると、どうも個人請求をする方がオススメという意見が多いです。

 

しかし、一方で確かに個人請求をする事でのメリットも大きいけど、果たしてコスパを考えた時にどうなの??と思うところもあり、当サイトではあまりオススメしていません。

 

その理由の一つに挙げられるのが、今回ここで紹介する「過払い金請求の計算方法」と関係があります。

 

 

過払い金返還請求の計算方法とは??

まず、おさらいも含めてですが、過払い金返還請求をどうやって計算するのか??という点についてですが、過払い金返還請求は「引き直し計算」と呼ばれる計算方法で計算します。

 

一つ一つの取引を利息制限法へと変えていく事で、グレーゾーン金利ですでに支払いしていた利息を、本来認められている利息制限法の上限金利へと引き直ししていくのです。

 

 

そのため、貸金業者に取引開示の請求を行い、過去にどんな取引をしてきたのかというものを書面として受け取る必要があります。

 

この書面の事を、「取引履歴」などと呼んだりしますが、書面は貸金業者はよっぽどの理由がない限り、必ず開示しなければなりませんので、必要な期間(基本的には契約当初から現在に至るまで)を提出するようにしましょう。
※契約期間がわかれている場合、すべての取引期間ごとに過払い金の計算を行う事になりますので、すべて取り寄せるようにしましょう。

 

 

無料ソフトをオススメしない理由

上記の通り、過払い金請求は、貸金業者相手に「過払い金を請求します」、「過払い金を返して下さい」と言うだけでは、戻ってくる種類のものではなく、計算をしなければいけないという事がお分かり頂けると思うのですが、そこで計算を簡易にするために、計算ソフトが販売されていたり、無料ソフトが提供されたりしています。

 

 

しかし、これらのソフトには、遅延損害金を計算したりする、一部機能が付いていなかったり、専門家が計算した結果と大きく相違する事もあったりして、信憑性に欠ける面もあります。

 

当然、無料ソフトを使うわけですから、それだけのリスクだったり、仕方のないところがあるのは否めないのですが、一度しか請求できないものですから、なるべく多く取り返せるようにはしておきたいものですよね。

 

 

一方、弁護士や司法書士のような事務所の場合は、多くが「成功報酬型」の報酬規定も定めているため、多く取り戻せば取り戻すほど、自分の報酬が増えるという事で、少しでも多く取り戻せるように、出来る事をすべて考えて対応してくれるのです。

 

さらに、コスパという面でみた場合ですが、自分で計算するとなると、一つ一つ計算ソフトに数値を入力していく必要があり、これを自分でするとなった場合、取引が長ければ、長いほど、計算が面倒で複雑になっていきますので、コスパは良くないと判断します。

 

 

大切なのは効率と自分自身です

過払い金請求が二度行う事が出来ないという事と同時に、人生を二度やり直すという事はできません。

 

一度限りの手続きを効率よく、そして一度限りの人生を無駄なく生きる。

 

そのためには、あなた自身の時間を無駄な時間に使う事なく、例えばプライベートな時間や大切な方との時間に費やしたり、あなたの仕事のパフォーマンスを上げるのに使う方が、絶対的に良いかと思いますので、必要な手続きのすべてを専門家に任せるのが個人的にはオススメです。

 

 

上記の理由より、当サイトでは過払い金の計算、請求手続きや交渉、そして入金管理までのすべてを自分で行わず、実力と評判の高い事務所に任せるのが一番と考えていて、トップページでは、過払い金の返還請求の実績に十分な事務所のランキングを紹介しています。

 

こちらも一緒に参考にして頂き、早期解決と満足できる結果を手にして頂ければと思います。

 

 

あくまで、得をするためではなく、損をしないために!

 

という視点が、当サイトがお伝えしたい点となりますので、少しでも損をしないように行動できる一つの方法としてお考え頂ければ、幸いです。