【無料】 借金を減らす手続可能な相談所や法律事務所を比較


街角法律相談所無料シュミレーター

過払い金請求 住宅ローン 返済

もし、あなたの借金問題の解決に過払い金の返還請求ができる場合、躊躇している理由に「住宅ローン」への影響を懸念されている方がいらっしゃるかもしれません、そこで当サイトでは過払い金請求と住宅ローンの関係について3つのポイントをまとめましたので、参考にして下さい。

 

すでに住宅ローンの審査を通過し、月々の返済を進めている方

住宅ローンの審査済みで、自宅を所有されている方が、その後過払い金請求をするケースの場合、都市伝説で「過払い金請求をすると、債務整理と同じで、個人信用情報が悪くなるので、銀行側はローンの一括返済を求めたり、今の契約条件を不当に見直す事がある」というものを見かけたのですが、完全に都市伝説で根も葉もない内容です。

 

住宅ローンは、過払い金を請求したからと言って、不当に請求するものではありませんし、何より銀行側に過払い金請求をしている旨を知らせる事もありませんので、返済は今まで通り、月々の分割、ボーナス返済など契約どおりに履行されると良いでしょう。

過払い金請求 住宅ローン 審査

続いて、これから住宅ローンの審査を通そうと検討している方、家族に住宅ローンの審査が通らないと恥ずかしいし、理由を問い詰められるのは嫌だし、不安にさせたくないと思っている方に、過払い金を請求すると影響が出るのか?という点については以下の2点より紹介します。

 

まず、共通認識として、過払い金請求を行い、手続きを完了した後は「信用情報は正常報告(完済報告)となります」といいう事は憶えてて下さい。その上で、以下の2つのケースを紹介します。

 

現在も借金あり、残高ありの状態で過払い金請求予定

この場合、信用情報とよばれる個人借入情報(消費者金融、カードローン、信販会社など)があり、住宅ローンの審査でも使われますので、銀行側にはあなたのすべての借金状態が丸見えです。消費者金融などの借金があると、住宅ローンの審査では嫌がられ、完済するように求める銀行もあるくらいで、残高があるだけでも不利になると思います。

 

その上、過払い金請求を行うと、例えば弁護士や司法書士などに相談して受任になると、介入した旨の異動情報が、自分で請求をした場合には、一旦債務整理をしているという旨の異動情報を信用情報に報告する事となります。

 

異動情報とは、別名では「ブラックリスト」と呼んだりするもので、消費者金融などの審査だけでなく、住宅ローンの審査でもマイナス要素となりますので、審査に通らない可能性が高いです。
※ブラックリストについては、次の章で詳しく述べます。

 

上記の通り、残高がある状態での過払い金請求は、すべての手続が完了し、信用情報の報告が正常報告に戻るまでは、住宅ローンの審査を行うべきではないでしょう。

 

過去に完済済み、残高なしで過払い金請求予定

この場合は、完済済みのため信用情報に影響を与える可能性は低いと思われますが、一部の業者が弁護士や司法書士が介入した旨の報告をしている場合は、異動情報として一時的に影響を与える可能性があるかと思います。

 

できれば、全ての手続を完了するまで、そして信用情報を確認して問題ない事を確認するまで、住宅ローンの審査は延期した方が通りやすいかもしれません。
※あくまで個人的見解、銀行によって審査内容は異なりますので、ご容赦下さい。

過払い金請求 住宅ローン ブラックリスト

最後に、住宅ローンの審査や消費者金融やクレジットカード作成の審査に影響を与える信用情報の異動情報(=ブラックリスト)についてですが、過払い金請求手続きを完了した場合、異動情報の報告は取消され、正常に完済した旨の報告とする事となっています。

 

また、異動情報ほどではないですが、注意情報として以前まで「サービスコード:71(契約見直し)」というものが使われていましたが、債務者に一方的に不利になる報告は控えるようにという事で、信用情報機構でも登録する事を中止していますので、今では完全に完済した人と同じように信用情報に異動情報が掲載される事がないので、ブラックリスト入りする事もありません。

 

通常の債務整理だと、異動情報が残ってしまうので、あなたにリスクが大きいのですが、過払い金請求については、返済完了していたものを払いすぎていただけという解釈なので、異動情報が報告されないという事で、債務者にとって最大のメリットを享受できるので、不安もなく手続きを頂けるかと思います。

 

以上、過払い金請求と住宅ローンに関連する情報をまとめました。

 

 

これから、過払い金請求を検討している方は、当サイトトップページで過払い金請求を進めるにあたり、オススメの事務所をランキングで紹介しています。

 

また、もし過払い金請求が出来ない場合でも、借金問題の解決が可能な債務整理の方法には、その他に任意整理、自己破産、民事再生などの手続きもありますので、根本的な解決手段がありますので、諦めず相談をしてみるところから始めましょう。