【無料】 借金を減らす手続可能な相談所や法律事務所を比較


街角法律相談所無料シュミレーター

fx 借金 取り立て

FXでは、ロスカットされないために、追加証拠金を入金したり、「ここが勝負どころ」と感じれば、借金をしてでも勝負に出るところがあるかもしれません。

 

しかし、あくまで投資であって、ギャンブル(投機)になるようではいけませんので、借金をしてまでFXを継続するのは危険だと言えます。

 

 

借金は、返済する事まで考えて行う必要がありますし、きちんと返済出来る範囲でする事が求められます。

 

ここでは、借金の取り立てに苦しんだ方の体験談をまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

 

 

fxで作った借金の取り立てがつらい

fxは、儲かるときは、少額ですが、損をするときは、とんでもない額を損してしまうことが多いです。

 

わたしは、近年まで日本が陥っていた、まれにみる円高の時代に、fxをやっていたのですが、結構な額をドル買いにつぎ込んでしまったいたので、借金もとんでもないことになってしまいました。

 

なまじ、それまで好調にfxで稼ぐことが出来ていたので、損切りをするのが遅れ、ずるずると資金をつぎ込んでしまい、泥沼にはまってしまいました。

 

 

fxは保証金が足りなくなると、追加で資金を入れるように催促されるのですが、どうしても手持ちの資金ではその額に足らず、なくなく借金でその穴を埋めるような形になってしまい、地獄の借金生活が始まったのでした。

 

借金といっても、いわゆる闇金ではなく、テレビのコマーシャルなどもよく見かける、きちんとした大手のクレジット会社さんで借りたのですが・・・

 

何の心構えもなく、突然の円高による借金だったので、すぐに返済が滞るようになってしまいました。

 

 

それから返済が滞ると、すぐにクレジット会社からの取り立てが始まりました。

 

家に直接訪問されたりといったことはなかったのですが、それでも電話や手紙による取り立ての催促があったときには、心が冷え切る感じになりました。

 

 

電話がかかってきたときには、こちらの状況をお話しして、なんとか期日を延ばしていただいたり、少しずつ返済していたのですが、弁護士からの返済の催促の手紙が届いたときには、本当にどうしようもなくなってしまいました。

 

 

そこで、泣く泣く両親に頭を下げて返済を手伝ってもらいました。

 

今では、何とかクレジット会社へは全額返済が完了し、両親に借りた分を返済していますが、二度とお金を借りることがないよう、心に誓っています。

 

 

相談できる相手がいる事は、借金問題にはとても大切

この体験談でもある通り、両親に相談できる関係であったからいいですが、両親も高齢化し、お金の相談はとても乗れない状況というのも出てくる可能性があります。

 

そんな時に、借金が膨れ上がってしまうと、家族には言い出せなくなり、さらに負のスパイラルとなる事もあるでしょう。

 

 

そうならないためにも、借金問題を解決するには、「一人で解決しようとしない」事が大切で、どんなに大変な状況となっても、必ず助けてくれる人がいます。

 

その事を信じて、きちんと相談できる相手を見つけておく、身内や友人に相談できる状況で無い場合は、弁護士や司法書士といった専門家を頼りする。

 

この事を忘れないで頂ければと思います。