【無料】 借金を減らす手続可能な相談所や法律事務所を比較


街角法律相談所無料シュミレーター

過払い金請求 必要書類

過払い金を取り戻すには、「自分の過去の取引で過払い金が出ているかを知る」事が必要です。

 

そして、ただ知るだけでなく、「書面として過去の取引履歴を取り寄せる」必要があります。

 

この取引履歴の書面には、「融資や返済をしている日時、金額、元金と利息の内訳など」が記載されていて、毎回の融資明細書や領収書を保管していれば問題ないですが、そんな方はマレでしょう。

 

 

ほとんどの方が、書類を紛失したり、破棄しているはずですので、取引開示の手続きを経て、消費者金融やカードローン会社各社(以下、債権者と呼びます)から、取引履歴を取り寄せる必要があります。

 

取引履歴の開示の要求になかなか応じてくれないケースも以前ではあったようですが、自主規制規則では以下のように記載されています。

 

債務者、保証人その他の債務の弁済を行おうとする者から、帳簿の記載事項のうち、当該弁済に係る債務の内容について開示を求められたときに協力すること

 

また、これだけではなく、過去の裁判でも取引履歴の開示義務ついては激しく争われていますので、今では協力的に応じる風潮ではあるようです。

 

 

 

それに、もし受任で弁護士や司法書士の専門家に依頼する場合は、受任通知送付の際に「取引開示の旨の要請」も一緒に記載されますので、もしその予定であれば、すべて任せるでも良いかと思います。

 

 

ところで、過払い金の請求をしたいけど、どこにお願いすれば良いか?どんな事を考えてお願いすれば良いか?という点について、以下でランキングとしてまとめました。

 

参考になればと思います。

 

 

過払い金請求は、利息制限法に引き直し計算をした上で、過払い金が発生していれば、請求する事も出来ますが、引き直し結果、過払い金が発生しない場合もあります。

 

そのような場合は、過払い金請求ではなく、任意整理や自己破産などで借金の減額だったり、返済自体をしなくても良くなる手続きを取る事も出来ますので、まずは現状を相談の上で、方向性を弁護士や司法書士と一緒に決めていかれる事をオススメします。

過払い金請求 法律(法務)事務所 ランキング

司法書士法人 杉山事務所

司法書士法人 杉山事務所の特徴

<費用>
・メールによる無料相談可能。
・着手金 不要

・定額報酬 
 債務が残存する場合 50,000円
 債務がない場合 5,000円

・過払い金の成果報酬
 返還額の19.95%

<こんな方にオススメです>
妥協無く、債務整理を行いたい方。

費用の分割相談をしたい方、わかりやすい相談を希望される方や全国で高い実績を誇る司法書士をお探しの方。

<電話相談はこちら>
フリーダイヤル 0120-092-877
※こちらからも無料相談できます!(通話料無料)

相談料 評価 備考
0円 評価5

アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所の特徴

<費用>
・初期費用 0円
・過払い金返還請求時、成功報酬型で16%一律と明瞭会計。

<こんな方にオススメです>
とにかく現状の借金問題を本気で解決したいが、取り立ての電話やメールなどで悩んでおり、なかなか行動に移せない。

そんな方は、アヴァンス法務事務所は全国対応、年休無休で対応しておりますので、いつでも安心して相談して下さい。


<電話相談>
※通話無料のフリーダイヤルがあります。
0120-139-510

相談料 評価 備考
何度でも0円 評価4

岡田法律事務所の特徴

<費用>
着手金や報酬金 20,000円
成功報酬 20%(訴訟の場合は25%)
減額報酬 10%

<おすすめポイント>
弁護士でありながら、電話やメールでの相談は無料です。
全国の相談を受付していますので、どこからでもまずはご相談下さい。

弁護士への相談メリットとして、司法書士以上に社会的な信用度が高いため、安心して任せる事ができる点が一番だと思います。

<電話相談>
※無料通話可能なフリーダイヤルがあります。
0120-425-169

相談料 評価 備考
0円 評価4

街角法律相談所

街角法律相談所の特徴

<特徴>
上記のような法律(法務)事務所を見つけるために活用する無料相談シミュレーター。

3つの質問で、全国の登録事務所から最適な法律(法務)事務所を探す事が可能です。

相談料 評価 備考
0円 評価3

 

 

 

 

弁護士や司法書士を選ぶ際には、以下の3つのポイントを確認されると良いでしょう。

 

  • 信用できる事務所か、また弁護士や司法書士は親身に対応されるか、事務的でないかどうか。
  • 着手金、成功報酬、基本報酬、その他サービスの内容が明瞭会計で、不都合な事はないかどうか。
  • 面談が定期的に行われるなど、顔の見えるお付き合いができるかどうか。

 

上記をチェックなさって下さいね。

過払い金請求 手数料

上記のような法律(法務)事務所を通じて、司法書士や弁護士に受任依頼を予定の場合、費用面はよく確認しておいた方が良いでしょう。

 

司法書士や弁護士も商売ですので、過払い金を取り返してくれるのですが、タダではありません。

 

過払い金が返ってきてから、その金額に対する成果報酬、着手前に着手金や基本報酬などを渡す必要がある場合などもありますので、しっかりクリアにしたいものです。

 

そこで、目安として相場観はいくらくらいなのか??

 

調べてみましたので、参考になれば幸いです・

 

 

着手金

過払い金の請求を弁護士や司法書士に依頼した時点で支払う金額。
事件に着手(手をつける)する意味合いです。

 

過払い金以外でも、法律事件の受任にはかかるケースがあります。
ちなみに過払い金事件の相場は、「0円〜3万円程度」と言われています。

 

 

基本報酬

依頼を受けて、弁護士や司法書士の活動を行うために発生します。

 

過払い金事件の相場は、「0円〜4万円程度」と言われています。

 

 

成功報酬

各事務所で、返還された額の何%と予め決まった金額を支払します。

 

過払い金事件の相場は、「15%〜30%」と、マチマチなイメージです。

 

 

司法書士や弁護士に受任と至れば、上記のような金額発生がありますが、対面やメールでの無料相談の際には、上記ように金額を請求される事はありませんので、ご安心下さい。

 

 

  • むしろ、この無料サポートの間に、自分が欲しい結果は何なのか?
  • そのために、どのような方法が選択肢としてあるのか?
  • それらが手に入ると、どんな楽しみ(人生設計)が可能なのか??

 

このあたりの情報は、整理して望むと、より良い相談が可能かと思います。

 

 

またダメな言い訳として、「いつか大丈夫」とか、「またの機会に」と言ったものがありますが、思い立った時が、最適な時期です。

 

せっかくの機会を逃す事がないように、早期解決を心掛けましょう。

過払い金請求 リスク

最後になりますが、過払い金請求の最大のリスクについて、理解しておきましょう。

 

過払い金請求は、基本的に

 

信用情報は、債務整理とは違い、事故情報(異動情報)の登録はされない。
貸金業者からは、完済報告(借金をきちんと返済した)という情報として、信用情報へ報告される。
元金返済がなくなり、毎月の返済もなくなる。

 

とメリットばかりしかありませんが、過払い金請求を行う際に、考えられるリスクがあるとすれば、個人的に思うところは、以下の3つです。

 

過払い金返還請求の手続き中は、信用情報に一旦延滞や貸倒れ情報(=いわゆる異動情報)が入る可能性がある。

 

貸金業者からは、債務整理をしているという情報となり、手続きは通常3ヶ月〜6ヶ月近くに渡るため、信用情報に一旦事故情報(=異動情報)を報告する貸金業者もいます。

 

この場合、クレジットカードや住宅ローンなど、各種ローンやカード関連に影響が出る事もあるので、貸金業者へ信用情報を報告しないよう確認するか、代理人に相談し、最適な方法を検討するのも一つだと言えそうです。

 

 

自分自身で手続きをすると貸金業者に踏み倒されたり、低い和解提示がある事も予想され、できれば代理人を通した方が良いので、費用がかかる。

 

上記の通り、自分自身で過払い金返還請求の手続きを行う事も可能なのですが、それよりも代理人にお願いした方が、過払い金の返還額が満額近くで返還されてくる可能性もありますし、貸金業者も足元を見ての交渉をしてくる事はありません。

 

一方で、代理人となり得る弁護士や司法書士へ依頼する事は、「費用がかかり、過払い金返還請求の金額から差し引きされる事もある」という事は、理解しておく必要があるでしょう。

 

 

過払い金返還請求には、時効があり最終取引日より10年となっています。

 

テレビCMでもありますが、過払い金返還請求の手続きは、時効がありますので、詳細は過払い金請求 時効を参考にして頂ければと思います。

 

 

以上、過払い金返還請求にあたり、考えられるリスクですが、大きなリスクはなく、むしろ借金もなくなり、開放される事を考えれば、大きなメリットを得られるので、まだ手続きをされていない方は、早めに手続をしましょう。

 

更新履歴